Blog

「ビジョニングによる革新的事業アイデアの開発」研究会予告

22/05/2017 17:46

6月9日(金)、「ビジョニングによる革新的事業アイデアの創出」と題して、研究会を企画しています。ここではJVCケンウッドの柳沼様をお迎えし、同社の自然の音ライブ配信サービス「フォレスト・ノーツ(Forest Notes)」事業立ち上げについてお伺いする予定でいます。また私からは簡単に、ビジョニングやバックキャスティング、フューチャーセッション、シナリオ思考などと呼ばれる考え方について概観し、その意義についてのこれまで調査してきたことについてご報告したく思っています。ご関心がおありの方はぜひご参加下さい。 

日時は、6月9日(金)、13:00ー15:30、場所は本学「まちなかキャンパス」です。 無料ですが、事前にご参加の旨を、私あてにお知らせ頂ければ幸いです。

 

Visioning Prese June 2017 Flyer 1.pdf (998051)

 

北陸地域政策研究フォーラムでの研究報告終えました

31/01/2017 11:28

先日の1/22に開催された第7回北陸地域政策研究フォーラムにて、「中山間地域住民にとっての買い物の意義」のタイトルにて研究報告をさせて頂きました。当日多くのご意見・アドバイスを頂戴し誠にありがとうございました。研究成果についてこのように関心を持って頂き恐縮するばかりです。この分野の研究知見拡張に貢献できるのであれば幸いです。

また本フォーラム、あるいは地域デザイン学会への参加は今回が初めてでしたが、伝統工芸品産業活性化など、日頃の私が抱いている関心と重なるテーマの研究報告が多く、非常に刺激になりました。今後とも関わり合えることができればと思っております。よろしくお願い致します。

1/22 北陸地域政策研究フォーラムにて研究報告します

18/01/2017 19:01

この週末の1月22日、金沢市で開催される第7回北陸地域政策研究フォーラム/地域デザイン学会関西・北陸地域部会の第5回研究会にて、報告する機会を頂きました。以前に進めた調査をもとに「中山間集落住民にとっての買い物の意義ー鳥取県内の調査をもとにー」のテーマで報告させて頂きます。 関係される方々にはよろしくお願い申し上げます。

www.zone-design.org/zone/zone_kansai.html

ShopMeaningAbst2.pdf (217010)

Meaningofshopping3.pdf (1244706)

後期授業概要

01/10/2016 17:03

今年度後期「商品開発」「マーケティング I」「消費者行動II」各授業概要をupしました。

商品開発

マーケティング I

消費者行動II

鳥取県自治体向け研修「地域資源のブランド化講座」報告

30/08/2016 10:27

先日の25日(木)、鳥取県自治体職員の方を対象とした研修「地域資源のブランド化講座」をさせて頂きました。受講頂いた方にはお礼申し上げます。今回の研修が、受講された方々の今後の活動にご参考になったならば幸いです。また当日お受けできなかったご質問やご意見などはぜひいつでも頂ければ幸いです。私にとって本研修は昨年度に引き続きの2度目でしたが、昨年度と同様、受講された方々の地域を良くしようとする熱意を強く感じるものでした。特に午後の演習では多くの創造性豊かなブランドプロミスの提言がなされ、非常に興味深いものでした。積極的なご参加に深く感謝致します。 

またこのような研修会は、私自身の地域貢献の機会として、ご要望に応じて様々な形、場所、対象で適時行っております。またテーマもマーケティング関連であれば、今回のブランディングに限らず、商品開発、デザイン開発、顧客理解方法など様々なものが可能です。また研修会という形でなく、何らかの課題に対してその取り組み方について助言させて頂くような形でも可能です。もしもそのようなご要望、課題などありましたらぜひご相談下さい。

鳥取県自治体向「地域資源のブランド化講座」講師予定

18/08/2016 13:58

来週の8月25日(木)に開催予定の鳥取県自治体職員の方向け研修「地域資源のブランド化講座」にて、講師をさせて頂きます。今、詳細の準備をしているところですが、ご参加される方々にとって有意義なものにしていきたく思っています。よろしくお願い致します。当日は添付の資料に沿って進めてまいります。

TT Branding Training 2016 Ref.pdf (70049)

Mktg101 v3.pdf (134,9 kB)

本学オープンキャンパス来場ありがとうございました

18/08/2016 13:41

ちょっと時間がたってしまいましたが、8月6日(土)ー7日(日)に開催された本学オープンキャンパスにお越し頂いた方々には、ありがとうございました。私は6日(土)を担当しましたが、多くの高校生に直に指名頂き色々と話をさせて頂きました。普段は当然大学生を相手にしていて、高校生には高校に出向いての模擬授業か入試の時にしか会ったり話をしたりする機会はないので、今回多くの高校生と話せたことは私も非常に新鮮でかつ、実はこれ程に注目や期待されているんだなという驚きがありました。こちらの拙い説明でよくわからないこともあったかもしれませんが、何か得るものがあったならば幸いです。私としては特に、地元で一生懸命ものづくりや農産物などの生産をされている人をマーケティングで支援したいという気持ちを共感できたことを嬉しく思いました。これを機に将来一緒に勉強できればと願うばかりです。皆さんもこれからも勉強頑張って下さい。応援しています。

tkserv.kankyo-u.ac.jp/tuesreport/2016nendo/0806/

消費者行動研究コンファレンス報告

22/06/2016 21:14

先日の6月18日に関西学院大学にて開催されました第52回消費者行動研究コンファレンスにて、「顧客フロー体験と感動、満足との関係」のタイトルで、報告する機会を頂きました。この度会場にてお聞き頂きました先生方、さらにアドバイスを頂きました先生方には感謝申し上げます。ありがとうございました。

サービス財消費における審美体験

本調査ではフルペーパーも用意しています。ご連絡頂ければお送り致します。もしレビューを頂ければ幸いです。

「顧客フロー体験と感動・満足」研究報告予定

02/06/2016 12:36

今月18日、第52回消費者行動コンファレンス(関西学院大学)にて、「顧客のフロー体験と感動、満足との関係」のタイトルで、研究報告をさせて頂きます。よろしくお願い致します。

jacs.gr.jp/pdf/52th_conference_pg.pdf

放送大学「商品開発」面接授業を終えて

26/04/2016 11:44

先週末の4月23−24日に、放送大学鳥取学習センターにて、「商品開発」授業講師を担当させて頂きました。2日間、10時から5時までというなかなかタフな週末でしたが、受講生の方々はお疲れ様でした。なかなか拙い授業しかできない中、これでよかったのかと思うことも多々ありますが、何かご参考にして頂けるようなことが含まれていたならば幸いです。

受講生数は少なめでしたがその分、授業時間中の質疑、意見交換などのやりとりも多く、私の視点からはかなり密度の濃いものとなりました。放送大学ということから、多くの受講生の方々はまずこれまでの各自の実務経験やそこからくる問題意識をお持ちで、さらにそれらを背景とした、自らを高めたいという強い問題意識を持っておられます。普段は普通の大学生を相手にしている私にとって、この2日間は、そのような放送大学の受講生の方々に接することで、改めて学ぶということについて大いに考えされる貴重な機会となりました。

私自身、社会人学生として学んできた経験がありますが、その頃を思い出しつつ、今度は私自身が社会人の方々にお役に立てることがあるのであれば、これ程嬉しいことはありません。今後もこのような機会があればぜひ担当させて頂ければと思っています。

 

<< 6 | 7 | 8 | 9 | 10 >>